山納銀之輔

自然界に寄り添って生きろ!全てを失くしても大丈夫!世界は大きい!

018 田舎の小さな村づくりが社会に影響を及ぼした 〜俺がお金をすてたわけ

話は戻るけど、栃木の村づくりが始まって4年後くらいから、雑誌とかテレビの取材が来るようになって、世間的にも自給自足の田舎暮らしが注目されるようになって来たんですね。

f:id:natureworship:20170809111433j:plain

 

一回来た人達が家族とか友達を連れて来るようになって、山奥のコンビニもスーパーもないところに毎週のように東京から人が遊びに来るようになったんです。

 

村が盛り上がって来ました。近所の自治会の草刈とかゴミ拾いもみんなで参加して、じいちゃんばあちゃんは大喜びして、お茶を飲みに来たり、野菜を持って来たりして、田舎暮らしの知恵を教えてくれました。遊びにきた人も喜んでくれて、地元の人も喜んでくれて、でもヤギが迷惑かけるからチャラになるという毎日でした。

 

ちょうどその頃、新宿OZONEビルで、天然素材で素敵な家の作り方を教える講義をしたんです。そのご縁から村に遊びに来る人たちの幅が広がったんです。

 

化学物質過敏症などアレルギーの人達やマクロビオティックの先生、ヨガの先生、ローフードの先生、農業の先生、農学博士、いろんな人が泊まりに来るようになりました。

 

それまで俺は、衣食住の《住》で豊かな暮らしを提案する事が自分の生き様だと思っていたのが、だんだん変わって来たんです。

 

《衣》も《食》も、どれも一つ欠けたら、本当の豊かな暮らしは難しいんです。

 

《食》は自然農法とオシャレな里山料理を極めることにしました。《衣》は麻。たまたま栃木の粟野は麻の産地だったし、自然素材の建築を研究していて、昔の土壁をほじくると必ず麻がでてくる。子供の頃大好きだった『コンチキ号漂流記』でも成功の鍵は麻のロープでした。だから《衣》は麻で極めようと思いました。

f:id:natureworship:20170809111546j:plain

そして、栃木農業高校の授業で麻製品を作ったり、おおあさ自由学校で麻ひきをしたり、観光バスで人が来るようになりました。その栃木農業高校では、経済産業省の「低炭素杯」という研究発表で優勝して、その後も麻をテーマに5年連続優勝しています。

 

栃木の田舎の小さな村づくりが、地域や自然の力を借りて、少しずつ社会に影響を及ぼしてる実感がありました。

 

つづく

 

 

f:id:natureworship:20170806171217j:plain

 

017 35歳で結婚。しかしその後、3.11で村を失い…離婚 〜俺がお金をすてたわけ

f:id:natureworship:20170808222915j:plain

一人ダッシュ村をスタートして35歳のときに結婚しました。その子は俺が30歳のときにどん底で落ちて誰にも相手にされなかったときに、そんなことどうでもいいって仕事を手伝ってくれた人でした。

「才能とか人柄が良くてみんな一緒にいたんじゃないんだ」って言って俺の味方になってくれた唯一の人でした。

 

それで一緒に村に住むことになって、それが村人1号。

 

村人1号2号は女性でした。その頃、東京の新宿OZONEビルで講師の仕事が来てたんですね。『自然塗装空間』という土壁やしっくいを売ってるスイスの会社の講師を頼まれて、土壁やしっくいの塗り方や特徴を教えていました。

 

そこの受付のきれいなお姉さんが「会社辞めて山納さんの所に住んでいいですか」って。彼女はアトピーで悩んでいて、週末うちに手伝いにくるうちに、うちにいる間はアトピーが治まってることに気づいたんですね。それでそのきれいなお姉さんが引っ越してくることになりました。「よし分かった。彼女のためにみんなでログハウスを作ろう」ってことになって、ログハウス作りのワークショップをやったんです。そのときに香川と岐阜から弟子がきて村人2号3号になりました。

 

ワークショップをやるようになってから人手は全然困らなくなりましたね。いろんな人が来て手伝ってくれるようになったから。

 

そしたら東北大震災。

 

ここで地震。ここで。やっとここまできたのに。

 

40歳でまたどん底です。

 

半年は、そのまま村づくりを続けたんです。でも、半年位して俗にいわれる被爆症状みたいなのが出始めたんです。血便、鼻血、目の奥の痛み、喉の痛み、だるさ、関節の痛み。

 

こんな良い場所ないと思って村づくりしてきて、やっとここまできた。もうこのままここでやっていきたいっていう気持ちがあった。たとえ寿命が縮んだとしても俺の選んだ土地で、すげえいい景色でこのままいけたら幸せだって思ってたんです。でも、身体の痛みが出始めてそれがものすごい痛みだった。毎日ふらふらして、調べてもらったら除染区域ですって。それで大家さんが土地を手放したいってなって。

 

f:id:natureworship:20170808223013j:plain

俺はそのころ仕事で入ったお金は全部村づくりにつぎ込んでたから一文無しだった。近所でさんざんみんなが引っ越し先を探してくれたけどどうもうまくいかなくて、どうしようかってときに、麻仕事を手伝いにきていていた人がこう言ったんです。

「山納さんのやってることを日本中に広める気はないですか。みんなに教えたらどうですか」って。彼女は結構有名なボイストレーナーで全国回ってたんですね。あちこち。それで「山納さんの講演会を、あちこちで開くからそれで自分のいい土地探したらどうですか」「分かった。そうすっぺ」って。北海道とかいろんな所で講演会をやりました。

 

311をきっかけに田舎暮らしを始めた人たちの村づくりを手伝ったり、俺が体験してきたことを教えたりしながら全国をまわりました。

 

やっと見つかった村づくりの場所が、九州でした。それで栃木に残してきた嫁さんに言いに行ったんだけど「私は栃木離れたくない。親がいるし。親の面倒みるから」って言われちゃった。

 

でも俺はもう栃木に行ったら目まいするし目が見えなくなるし、腫れちゃって喉痛くてどうしようもない状態なっちゃうんですね。

 

それに、栃木の村はもう買い手がついていて、新しい人が住んでました。福島の避難区域から来たご夫婦でした。

 

俺はもう戻れない。俺は新しい村づくりをもう1回やる。それで離婚です。

 

つづく

 

 

 

◇ 栃木の村づくりのときに書いていたブログ ◇

naturewor.exblog.jp

 

◇ 栃木を出て、土地探しをしているときに書いていたブログ ◇

ameblo.jp

016 1200坪の村を月一万円で借り400年前の古民家に住む 〜俺がお金を捨てたわけ

f:id:natureworship:20170806171154j:plain


店舗デザインの仕事をしながらずっと土地を探してて、栃木県粟野の土地に決めました。それでまずその土地の手入れからはじめるんだけど、1200坪が草ボウボウで、草刈りしても切りがないんですね。それでまずヤギを飼ったんです。これがもうぜんぜん感謝しない。

1200坪の草なんてあっという間に食べ尽くしちゃって、畑の野菜まで食べちゃうし、どんどん遠くまで行ってずっと遠くの隣の家の野菜まで食べちゃうし、塀作っても乗り越えて体当たりして塀壊してまた人んちの畑で食べて。東京で店舗デザインの仕事中にこのヤギのせいで、何回も栃木まで車飛ばして謝りに行きました。ヤギのせいで全然仕事にならなくてすごい手間かかるのに、まったく感謝しない。ヤギのミルクでチーズ作ろうと思って一度乳搾りしようと思ったらすっごい怒ってそれ以来警戒して全然近寄れない。なのに冬になると草がなくなるからペットショップでウサギの敷き藁の一束2000円するのを毎日6束買ってきて食べさせなくちゃなんないから冬場のえさ代が毎日12000円。すごいセレブな彼女よりも金がかかってました。

 

ヤギだけはもう絶対飼わないって決めてます。

 

f:id:natureworship:20170806171235j:plain

 

で、土地の話に戻ると、月1万円。山奥すぎてコンビニもないし電波届かなくて水道も何もない草ボウボウの土地。

そこに400年前の古民家。ボロボロの、壁がない。トイレも風呂もない。江戸時代の家。

 

それがすごい気にいっちゃって。ここに住みてえと思っちゃったんですね。

 

f:id:natureworship:20170806171138j:plain

それで、料理は100パーセントたき火。毎日ダッチオーブン料理。おかげでダッチオーブン料理の達人になっちゃった。

 

f:id:natureworship:20170806171552j:plain

裏の山から川の水引っ張ってきて。壁を作って。ドアを作って。鶏小屋を作って。作業小屋を作って、どんどん作っていった。母屋の周りに小さな家を作って。ログハウスも作って。一人二人と人が集まってきて。村ができてくるようになって、人が泊まれるようになったのね。そんで東京から自然農法をやっている人たちが耕してくるようになった。土日。泊りがけで。

 

その頃、自然素材の店舗デザインをしながら、自然素材でアレルギーの家直しも同時にやっていて、あるとき千葉県の栗源村から、竹小舞で小屋を作ってくれという依頼が来たんです。竹小舞は、竹を編んで壁の下地を作って、土を塗って、最後は漆喰で仕上げる日本の伝統工法。その小屋づくりのワーックショップのときに泊まっていた所がくりもと地球村っていう自然農法の学校でした。そこの生徒たちとも仲良くなって。ほとんどが東京の人だったりして、みなさん学校を卒業したあと自分の土地がないんですね。で、うち耕していいよ、好きに。その代わりに野菜分けてよ、って。みんながうちに来るようになって俺もみんなから自然農法を教えてもらいました。

 

地元の人とは、ヤギのことで謝っているうちに仲良くしてもらえるようになってました。野菜をくれたりして。ある時は玄関が血まみれになっていてびっくりしたら、近所のじいちゃんがしとめた鹿の足を玄関においてってくれてたり。満月の夜は見月祭っていって誰でもうちに来てっていって。子供も若者もじいちゃんもばあちゃんも。近所の人たちが家族みんなでうちでご飯を食べて酒をのんで、いろんなことを教えてくれました。

 

そんな風にひとりぼっちで始めた村づくりに、人が集まってくるようになってきた。

 

f:id:natureworship:20170806171147g:plain

 

いろんな雑誌も取材に来るようになって。ケーブルテレビにも出るようになって。ワークショップをやるようになった。

 

そうやって自給自足の村づくりがスタートして、衣食住の食と住が整ってきたころに衣食住の衣との出会いが始まったんです。

 

俺にとって、服を作ることは家をつくることよりもずっと大変なことだったんです。植物を育てて繊維をとって糸を紡いで。それを織って布にして。裁断して。縫い上げて。染めて。

 

村づくりをしていたその栃木県の粟野町って所は、日本全国の90パーセントの麻の栽培地だったんです。

ところが麻は、免許がないと育てられない植物でした。

 

あるとき仲良くしてた77歳の爺ちゃんが、麻栽培をやめるって言い出して。やめなくていい、俺がやるからって。みんなでやるから続けようって言って。そこを借りることになったんです。そこで、ワークショップでストローベイルハウスを建てて、麻で土壁作って、家を造ったりするようになりました。そこで麻ひき体験とかオアカっていうんだけど、捨てる部分で断熱材作ったりそういうことやって栃木農業高校の課外授業をしました。宇都宮大学にも呼ばれて講師をさせてもらったり。そのうち麻関係の人たちがしょっちゅう来るようになってヘンプカーの出発場所になったりしました。

 

みんな、俺がいなくても勝手に家に入って、布団敷いて泊まってったり。勝手に餅つきしてたり。みんなが子ども連れてきて自分の家みたいにしてくれて。

理想の村がだんだんできてきた。1人ダッシュ村。

 

f:id:natureworship:20170806171229j:plain

 

つづく

015 オリジナルのしっくいでテーマパークや、きみまろビルを手がける 〜俺がお金を捨てたわけ

f:id:natureworship:20170802193634j:plain

日本の家づくりがおかしいってずっと思ってきて、型通りの家じゃないワクワクする家作りをはじめたけど、自然素材に対する偏見も強くて、広まるのに時間がかかると思いました。


だからもっと人目につく仕事で、もっとワクワクする形で、自然素材の家づくりを提案していこうって、店舗デザインに仕事を絞ったんです。

 

その一方で、本当の仲間をつくりたかった。だから、自給自足の村づくりの場所探しも重要だった。

 

その頃の俺の考え方は、仕事をして、その収入で、村づくりをしようって。

 

村づくりの為に何か仕事をしなくちゃって思って店舗デザインをしてたんです。

そしたらそれがまたすごいことになっちゃった。

自然素材だけで店舗デザインする人が日本に1人もいなかったんです。

 

なぜか。

みんなカタログから選んでたんですね、素材を。

 

俺はカタログから選ばないで作り出すんです。だからどんな景色でも作れました。お客さんから、あるときは映画の一時停止でこんな風にとか、新婚旅行で行った国の景色とか、アニメの一時停止でこんな風に、絵本持ってきてこんな風とか、何でも作れたんです。

 

どんな景色も作れないはずがないって思ってるんですね。どれもいつか誰かが作ってきた景色だから。ホームセンターも電気もない時代に。だから絶対作れるって思ってました。

そうしたら、世界的に有名なテーマパークの景色作りを頼まれたんです。

 

そこからいろんなテーマパークの中のレストランだとか、モンスーンカフェとか星付きの有名なレストランとか、頼まれるようになったんです。一気に広がりました。

それで、自然素材だけで東京ビックサイトの建築・建材展に出たんです。

 

土壁で出店しました。

 

一日でサンタフェの景色を作って、出店して3日目に全部解体。壁は全部土だけで作りました。

そこに綾小路きみまろさんのビルを設計してる人が興味を示してくれたんです。それで綾小路きみまろさんに紹介されて、それで銀座7丁目の綾小路きみまろさんのビル1階から6階まで全部土としっくいで工事頼まれました。そのときは、土だけじゃなくて手すりも全部頼まれたから、鍛鉄の鉄を叩いて作りました。全部手づくり。カタログから選んだ素材1個もなし。全部作った。

きみまろさんは、そこらの建築士よりずっと建築に詳しいから話が合ったし、世界中の美しい建築とその素材を良く知っている人だから思いっきり仕事をさせてもらえました。

 

工事中はずっと面白くて笑いすぎて。きみまろさんも俺の話が面白すぎて。付き人になれって言われた。面白すぎてずっと一緒に笑っちゃう。俺もきみまろさんなら付き人も悪くないって思ったくらい毎日おもしろかった。俺の話も苦労話も笑ってくれて。村でヤギを飼った話とかして。あとでその村づくりの話も出てくるんだけど。俺は村づくりの土地をみつけて、最初に飼った動物がヤギだったの。ヤギだけは言うこと聞かないし全然感謝しねえって話をしたら、きみまろさんちでもヤギ飼っててそうだったんだって。

 

つづく

014 スウェーデンとドイツには絵葉書になる1500年前から建つ家があった 〜俺がお金を捨てたわけ

ちょっとさかのぼるんですけど、21世紀日本の構想の代表として、スウェーデンとドイツで建築の勉強をしたときに、しっくいの文化に触れたんです。何がすごいって、スウェーデンとかドイツの街並み写真採ったら、どこ撮っても絵はがきになること。どこを撮ってもすてきな景色。

 

 

 

日本の住宅街、写真撮って絵はがきにしたら何これ。ってなりますよね。海外行って帰ってくると日本の街並みはグレーで全然面白くなかった。

 

ドイツでは、ホームステイしている家で「この家ものすごくおしゃれですてきだけど。一体いつ建てたの」って聞いたんですね。「15世紀から建ってるよ」って。はあ壊れないんですねって。日本の常識おかしいなと思いました。

 

それで日本に帰ってこの景色とこの素材を広めようと思ってしっくいの研究を始めました。

 

そのときに造った家が『えほんの家のつくり方』あの本の家。子供の頃にワクワクしながら読んだ絵本に出てくるような家を広めようと思ったんです。ただの家の医者からの脱出したのはそのとき。27歳のとき。27歳でスウェーデンから帰ってきて初めて作った家があの家でした。

 

日本でこの家を広める。このおしゃれな感じ、そして長持ち。しかも、アレルギーも治っちゃって、風邪のウイルスも死ぬ、カビも生えなくて掃除もいらない家のつくり方。こんな最高なことないなって。で、それを広めようと思って研究しました。日本のしっくいを研究して3カ月ぐらいですっごくいいしっくいを作ったんですね。

 

そのしっくいで作った家なんですね。絵本の家は。

f:id:natureworship:20170405221353j:plain

 

それで、住宅ではなかなか広まらないから店舗づくりにしようと思って。店舗デザイナーとして1人でやり始めたんです。それが30歳でした。

 

つづく

ginnosukesanno.wixsite.com


 

013 陰陽師との出会い 〜俺がお金を捨てたわけ

f:id:natureworship:20161221093219j:plain

生きるために必要な物を全てそこで作りだして、大好きな人たちと笑顔で暮らせる村を作ろうと思って土地を探し始めたときに、ある人を紹介されたんです。

 

陰陽師でした。陰陽師ってなんだか映画みたいだけど本当にいるんだって思いました。

その陰陽師、俺の顔を見ると、突然言ったんです。

 

あなたが来るのをずっと待ってました。あなたが私の最後の仕事です。私は今日でこの仕事を辞めます。お待ちしてました。って。

 

その陰陽師もまた高田馬場のじぃちゃんと同じようなことを言いました。

あなたは100万人に1人の人。って。26歳のことも母ちゃんのことも全部当てて。それで、何か見えてるんです。空中に。俺はその頃ウェルシュ・コーギー・ペンブロークっていう尻尾切っちゃって耳がでっかい犬を飼ってたんです。その頃まだ小泉今日子と俺ぐらいしか飼ってなくて珍しかったんですね。その陰陽師が「3年ぐらい前に、犬かなぁ。何だろうなこれは。耳が大きい動物買いませんでした?」って。「あ、買いました」見えてるんですね。何かが。この人は高田の馬場のじぃちゃんと同じ種類の人だから、この人の言うことは信じようと思った。

 

その人が言うには「人間の細胞には、ナチュラルキラー細胞っていうのがあって、悪いガン細胞があったとしても、そのナチュラルキラー細胞が周りのガン細胞を良い細胞に変えちゃう」「人間界のあなたがそれなの」って言ったんです。「だからあなたは本来だったら私のように修行して、こういう職業をやるはずだったんだけど、違う運命を選んで生まれてきた。だからあなたが生まれてきたその運命の元でやっていくのよ。非常に珍しいけどあなたにとってはそれがこの時代の修行なんだろうね」って言うんですね。だからあなたは自分の業界で自分がやりたいようにそれをやっていきなさい。って。

 

でやっぱり「42歳のときにあんたは何か特別なものを手に入れる。55歳のときにもう安泰だから。65歳になったら大成功するよ」同じようなことを言った。「ちなみに95歳までは生きますよ」って。それ高田馬場のじぃちゃんにも言われた。95歳まで生きるって。だったら、俺は首つりを100回やっても死ねないんだって。95歳のときまで生きるしかない。生きようって。

それでやっぱりまた、人の何十倍も苦労するけど、あなたがやりたいことをやればみんなが幸せになるんだよって言う。俺はひとりぼっちでもうだめだって思ったけど、もしかしたらまだやれるって、二人の言葉を信じてまたやっていこうと思ったんです。よし、衣食住、全部つくれる村づくり始めようと。今は誰もいないけど、今度は本当の仲間を作ろうって。

 

そのとき、俺は30歳でした。

 

つづく

012 本当の友達を作ろう 〜俺がお金を捨てたわけ

6回首つりしても死ねなくて、どんなにつらくても生きるしかないんだって思いました。それで俺が本当に幸せを感じることはなんだろうって考えました。俺はやっぱり誰かが喜んでくれることが大好きなんです。家の医者を始めたのも誰かに喜んでもらえたからだった。でも、もうこんな孤独は終わりにしたかった。だから、これからは本当の友達を作ろうと思った。お金がなくってもつながりが切れない本当の友達を作るって。

 

 

f:id:natureworship:20161215164317j:plain


でもそれどうやって。って思ったときにまたサムエルが出てくるんです。サムエルはよく俺ん家に来てBBCニュースやCNNニュースを見てたんです。衛星放送で。そしたら全然日本のニュースと違うこと言ってるんです。日本では戦後最大の好景気ですなんて言ってるのに。日本は韓国に追い抜かれるでしょう。日本の借金は2兆円になりますとか。言ってる。あれ、何それ。聞き間違いじゃないの? 本当だよ。って、それをサムエルが全部説明してくれるんです。通訳して。あれ?日本のニュースって嘘つくことあるんだ。

 

それで俺たちコントロールされてる。ってわかっちゃったんですね。ニュースとか全然見ないから俺は。何にしろ小渕総理と会ったとき、どれが小渕総理か分かんなくて、メガネの人ですって教わって、どのメガネの人ですかって聞いて、あそこの奥のって言われて、それでも間違えて小渕総理の隣の人に挨拶しちゃったぐらいだから。新聞読めねえし。模様にしか見えないから、あんなの。

 

それでコントロールされていることを知って、そのときに日本円は紙切れになるかもしれないって気づいたんですね。急にお金が人生ゲームの紙切れに見えたんです。日本のコインには日本国って書いてあるのに、紙幣には日本銀行券って書いてあったの。券なのただの。俺をあんなに苦しめて、俺の周りの人間がいなくなった人生ゲームの券。ただのチラシと同じ紙切れに見えたんです。

 
その時のことを思い出したんです。

お金ってなんなんだって思いました。なんで金が必要なんだろうって。食っていくため。それならもし食物が溢れてたらって考えた。じゃあ家は。みんながローンを組んで家を建てているけど、じゃあ家も余る程あったり作るのが簡単だったらローンも組まなくていいよねっていう所に行きついたんですね。

 

だから、全部作っちゃおうと思ったんです。広い所でみんなで作れば、もし日本円が紙切れになったとしても何とかなるだろうって。どうせもう誰もいない。俺1人ぼっちだから今から仲間を集めて、友達をこれから作っていこうと。今度は本当の友達を作ろうと。その村で本当の幸せを手に入れようって。

 

全てが金だった20代で俺は人の裏切りを知った。金が全てじゃないこと、もっと大事なことがあるってことが分かった。だから俺の村は金が必要ない楽園にしようと思ったんです。衣食住、全部そこでまかなえて。生きるために必要な物は全てそにあって、俺が大好きな人たちと笑顔で暮らせる村を作ろうって思ったんです。

 

俺がそう思って土地探しを始めたときに、ある人を紹介されたんです。

 

つづく